音楽家になりたい

2018年03月15日

音楽家になりたいです。


具体的には所謂シンガーソングライターになりたい。


歌うことや、詞や曲を作るのは、誰かが作った音楽を聴く事よりも好き

だと自分では思っています。でも実情は想いの強さと四肢の働きがあまり伴っていません。頑張ります。



「歌手になりたい」と願う人は、どれだけ下手だと言われても、聴いてくれる人がいなくとも、歌が歌えさえすればもう既に立派な歌手。なので僕の言わんとしているところの音楽家というのは、つまりはプロです。その道で食っていける人のことを言うそうです。



ふとした出会いや境遇、身体的・精神的状態、知識、様々な条件がうまい具合に組み合わさってくれないと、個人的な期待に「夢」なんて大それた代名詞はつきません。これが俺の夢なんだとはっきり言える才能はせっかくだから大切にしないともったいない気がします。



音楽なんてのは別に無くたって生きてはいけるし、オリンピックもテレビも小説も、資源物でない限り無くても地球はまわり続けます。なのにあってほしいと我々が望むのは、そういう「べつにやらなくていいこと」というのが我々の心に余裕を与えてくれるからだと思うのです。



学生の登竜門だと言っても過言ではない、どうしてこんな勉強をしなくてはならないのか期。あれはあれとして、最大の暇つぶしだとも言える人生において「本当に勉強しなくてはならないこと」だけを見つめて生きていくと単純にしんどいと思いました。



無駄がつくりだすものは、時間ではなく心の余裕。「時間がない」と呟く、時間をつくる能力がないだけの人への細やかな希望くらいに思っていたいです。



音楽家になりたいけどSNS上でも人と広く浅く繋がる才能が全然ありません。まるでそのための所作を放棄したようにも取れる言い方ですがとりあえず頑張ってる所存です。




最後まで読んでくれてありがとうございます。

近頃、日中の暑さに夜が侵食されてきてます。今回の冬は短かったな~。