9月

2017年09月06日

日記はじめました。

毎日書くのは絶対続かないので気が向いたらのペースで。


僕の今年は9月からが夏休み(一か月間)で、日がな一日曲をつくったり歌をうたったりYouTubeを徘徊したり、冷房の効いた部屋で背徳感交じりに過ごしております。


最近三か月間ぐらい暇を見つけてはずっと描いていた絵がようやく完成して、本当は学校に提出するつもりだったのが、のちに提出しなくても良かったことを知りとても複雑な思いでいたものの、Twitterでは割と好感触だったのでなんとかプラマイゼロに落ち着いているところです。


創作活動を好んでやっている自分とは裏腹に、結構事務的な作業が好きだったりします。ただ「音楽やラジオを聴きながら」という条件付きに限っていて、ある意味頭を空っぽにできるのがとても魅力です。作曲も別の音を聞きながらやりたいもんです。昔から「よく考える」という長所と短所を兼ね備えたような癖を飼っていて、そのせいで休日でさえ疲れることがよくあります。けど同じような人もたくさんいますよね。


話を暗くさせるつもりでも不幸自慢でもありませんが、僕は昨年うつ病でした。もともと神経症ではあったのだけどいろんな物事の連鎖反応ですっかりぽっくりでした。

「単位だけでも」と僅かに気力を取り戻し始めた頃、学校は惰性でなんとかしていた一方、心の病なんていう表面上は理解され難い状況はただただ恐怖でした。

今年度から新たに環境を変えたので、現状は(ストレスがまったくなくなったわけではないけど)何とか自分をコントロールしていけてる所存です。


話を戻しますが、仕事っていうのはある意味「休息」だなあとつくづく思います。また休息も「仕事」だな、とも思います。何もしていない時はしていない時で憂いに駆られたり、かといって頑張りすぎるのも単純にしんどい。うちに猫を飼っているのですが、ペットは餌をただ食いするだけで何もしてくれてないようで、実は人間に仕事という安らぎを与えてくれてるんだなあとこれまたつくづく思うのです。


映画や本、ミュージシャンのLIVEをじっとみている時でさえ、ときたま心のどこかに「これ最後まで見るのめんどくせぇな…」と思っている自分がささやかながらにいて、でもだからこそ面白いなあとも思います。面倒くさいことはやらなきゃいけないから面倒くさいわけでやらなくていいことは面倒くさくないです。何事も「許す」ことからだとおもいます。

お互い頑張りましょう。良い9月を~。